博多区 マンション 日記

このブログは、不動産を愛してやまない私の経験をもとに、博多区で生まれ育った感謝をこめて、博多区でマンションを売りタイ、買いタイ、貸しタイ、借りタイとお考えのあなたに送るブログです。ご参考までに、私は、不動産売買営業経験者・宅建士保持者です☆地域密着の情報をお伝えいたします♪

「プロパンガスから都市ガスへ変更の流れ」/博多区不動産情報♪

ãé½å¸ã¬ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ 

 プロパンガス(LPガス)から都市ガスへ変更の流れ

 博多区 不動産情報♪ 博多区 マンション ブログ♪

今回は、「プロパンガスから都市ガスへ変更の流れ」をお伝えします♪

 

戸建に住んでおり、都市ガスへの変更をお考えの方へわかりやすく解説いたします。

 

ガスの種類については、コチラの記事をお読みください♪

www.hakatakkomansionnikki.work

 

それでは、プロパンガスから都市ガスへ変更する流れをご説明しましょう♪

 ①住宅の近くのガス導管の有無の確認

まずは、お住まいの建物に都市ガスが供給出来るかどうかをチェックしましよう♪

プロパンガスと都市ガスの違いのひとつに、供給方法があります。

プロパンガスガスボンベを各家庭に配達することによって供給を行います。

一方で、都市ガスの供給方法は電気や水道の供給方法と似ていて、ガスは地下に設置さ

れたガス導管を通じて各家庭に供給されています。つまり、都市ガスを使用するために

は、ガス導管が通っていることが欠かせない条件となります。しかし、このガス導管

は、日本全国に普及しているわけではありません。

なぜかというと、ガス導管を設置するための工事費用がとても高いので、

ある程度人口が密集している地域でなければ、せっかくお金をかけてガス導管を設置し

ても、ガス会社がもとをとることができないのです。

そのため、都市ガスのガス導管は、人口密度の高い都市部に集中してます。

(これが「都市ガス」と呼ばれている理由です。)

なお、消費エネルギー庁によれば、ガス導管は都市部を中心に国土面積の

6%弱にしか敷設されていないのだそうです。

「都市ガスに切り替えたい」と思ったら、まずはお住まいの地域で

都市ガスが供給されているかどうかを調べましょう♪

(ガス導管が通っているかどうか)

資源エネルギー庁の「一般ガス事業者供給エリアマップ」や、

各ガス会社の供給エリアマップを見て確認してみましょう。

 ②ガス導管の設置工事が出来るかの確認

お住まいの地域にガス導管が通っていれば、原則として都市ガスの供給が可能です。

公道の地下を通っているガス導管を自分の家までつなげる工事を行うことによって、

ガスの供給を開始します。

しかし、稀なケースではありますが、建物の立地によって、

ガス導管を家に引き込むためにご近所さんの許可が必要なことがあります。

家の周りが他の住宅に囲まれているなどで、

公道に出るために近隣住民の所有している私道を通らなければならない場合です。

このような立地では、ガス導管の引き込み工事をするために、

道を所有しているご近所さんに許可を取る必要があります。

所有者の許可がなくては、勝手に工事を始めることができません。

そのため、公道から家までのルートに近隣住民の私道が含まれているという方は、

所有者の方の許可を得られるかどうかも都市ガスを使用するための条件になります。

 ③プロパンから都市ガスに切替る手順

LPガスから都市ガスへの切り替えは、以下のような手順で行われます。

 1.都市ガス会社を選ぶ

 2.自宅を訪問して確認してもらい、見積をとる

 3.契約を行う

 4.ガス導管引き込み工事の調整

 5.プロパン用の設備機器を都市ガス用の設備機器に買い換える

 6.プロパンガス会社へ連絡

 7.ガス導管の引き込み工事・供給開始

 

 1.都市ガス会社を選ぶ

2017年から都市ガスは自由化されています。

よって、お住まいの地域で供給を行っている都市ガス会社が複数ある場合には、

それぞれの会社から見積りをもらい、料金を比較して選びましょう。

 

 2.自宅を訪問してもらい、見積りを取る

都市ガス会社に連絡をして、自宅に来てもらいましょう。

ガス導管の引き込み工事費用などを含め、都市ガス供給にかかる費用の

具体的な見積りを出してもらいます。このときに、わからないことなど

積極的に質問し、契約内容をよく理解することが重要です。

 

 3.契約を行う


見積りや契約内容に納得したら、契約を結びましょう。

 

 4.ガス導管引き込み工事の調整

ガス導管引き込み工事の段取りや日程を調整します。

このとき、道路管理者への許可を申請するなどの手続きもあるため、

工事の開始までは一般的に1~2か月ほどかかります。

 

 5.プロパンガス会社へ連絡

現在契約中のプロパンガス会社へ解約の連絡をしましょう。

使用中のLPガス設備(ボンベ・メーターなど)は、

都市ガスの工事の日に撤去してもらうように調整します。

 

 6.ガス導管の引き込み工事・供給開始

新旧それぞれのガス会社によって、

都市ガス引き込み工事と、LPガス設備の撤去が行われます。

工事のあと、開栓・点火テストを行って、都市ガスの利用開始です。

 ④プロパンから都市ガス変更費用

都市ガスはプロパンガスよりもガス料金が安いということが知られていますが、

プロパンガスから切り替える際にも費用は安く済むのでしょうか?調べてみましょう。

 ガス導管引き込み費用

上でご紹介したとおり、都市ガスの供給には公道に通っているガス導管を

自宅まで引き込むための工事が必要です。

ガス導管の引き込み工事にかかる費用は、平均で10~15万円と言われています。

この費用は、ガス導管の通っている公道から都市ガスの供給場所までの距離により、

決められており、ガス導管を1m引き込むにあたり、およそ1万円の費用がかかります。

そのため、ガス導管から家までの距離が遠ければ遠いほど、工事費用は高くなります。

詳しい金額は、都市ガス会社に連絡をして、見積りを取ってもらいましょう。

なお、引き込み工事にかかる出張費として、2000円から1万円ほどが別途請求

されます。(あくまで概算です。見積をとりましょう!)

 ⑤ガス機器の変更・設置費用

プロパンガスと都市ガスは原料や熱量が違うため、

プロパンガスから都市ガスに変更する場合、今まで使っていた給湯器や

ガスコンロなどのガス機器をそのまま使用することはできません。

プロパンガスで使っていたガス機器を都市ガス仕様にするためには、

①現在ご使用のガス機器の部品を取り換えて都市ガスに対応させるか、

もしくは、②都市ガス対応のガス機器を購入するかのどちらかの方法があります。

現在使っているガス機器のメーカーが、

都市ガス仕様に変更するための部品を扱っていれば、

1つ目の方法をとることができます。

新しく契約を行う都市ガスの会社が仕様変更を行ってくれます。

この部品の交換作業に関して、ガスコンロにおよそ1万円、給湯器におよそ3万円程度の

費用がかかることが多いようです。

一方で、今使用しているガス機器が古いものである場合、

仕様変更をするための部品がもう販売されていないということもあります。

この場合、2つ目の方法、つまり新しく都市ガスに対応したガス機器を購入・設置する

ことが必要です。それぞれのガス会社がいくらで仕入れられるかによって

価格が大きく違うので一概に言うのは難しいのですが、

10~20万円程度かかることが予想されます。(概算)

以上のことを注意していただき、ガス会社から話を聞き、お見積りをお取りください。

 

このブログを読まれた方が、無事にプロパンガスから都市ガスへ変更して頂く

一助になれれば幸いです。

 

博多区でのマンションを売りタイ・買いタイ方は、 

博多区・東区専門のイエステーション博多店 コムハウスまでお越しください!!

博多で31年の実績と地域の専門店です!!お気軽にご相談ください!!

 

 ■■■■■■■↓↓詳しくはコチラです↓↓■■■■■■■

    https://www.comhouse.co.jp

     イエステーション博多店

       ㈱コムハウス

         電話番号:0120-481-643

     博多区博多駅南6丁目の

  スーパー「レッドキャベツ」からすぐ♪

 ■■■■■■■↑↑詳しくはコチラです↑↑■■■■■■■

 

お家で気軽にDIYが楽しめる!!!